インターネットとクレジットカード

 

 

ネット上でショッピングをすることが当たり前のこととなり、インターネット上でクレジットカードを利用する機会が増えています。この場合、一番の問題となるのがセキュリティです。インターネット上のショップのサイトにSSLなどのセキュリティ対策が施されている場合は、クレジットカード情報は暗号化されることになるため、個人情報が第三者に知れる可能性は低くなります。ただし、それだけでは万全とはいいきれない面もあり、インターネット上でのクレジットカード利用には十分注意を払う必要があります。ネット上でクレジットカード番号を入力する場合は、以下のような点に特に気をつけましょう。

 

SSLの暗号化技術を採用しているWEBサイトでは、そのサイトが安全であることを示す錠前や鍵などのマークがブラウザの一部に表示され、URLが「https://」に変化します。SSLは、インターネット上で送信情報を暗号化することで重要な情報が他人に覗かれることを防ぐための高度なセキュリティ技術で、現在最も普及しているものです。利用するWEBサイトが、クレジットカード番号などの個人情報漏えい防止のためSSLを採用しているかどうかをしっかりチェックしましょう。

 

また、インターネット上でより安全に取引を行なうことができるように、クレジット決済をインターネット上で行うためにVISAやマスターカード、JCBなどが推奨している本人認証のためのセキュリティシステムを導入するWEBサイトも増加しています。これは、クレジットカード番号の入力に加え、それぞれのクレジットカード会社に事前に登録しておいたIDやパスワードなどを入力することによって本人認証を行い、「なりすまし」というような不正取引を防ぐというものです。

 

WEBサイトの入力フォームにクレジットカード番号を入力する時だけでなく、電子メールでの個人情報の取り扱いにも注意する必要があります。クレジットカード番号というような重要な個人情報を電子メールで送信するのは、セキュリティ上危険であるとされています。クレジットカード番号の入力は、安全性が確認された入力画面でのみ行うようにしましょう。どうしてもクレジットカード番号をインターネット上で入力するのが不安であるという場合は、ショップによっては電話などでも受けつけてくれるところがあるので、確認してみると良いでしょう。少しでも不審な点がある場合は、クレジットカード情報の入力は控えた方が賢明と言えます。

 

 

 

 

 

 

お得なクレジットカードの選び方

 

 

世の中にはさまざまなクレジットカードがあり、それぞれに特徴や利点、お得なポイントなどがあるものです。クレジットカード選びの基準は、「何を一番大切に考えるか」という点によって、一人一人違ってくるものです。クレジットカードの使い方やクレジットカードに対する考え方は人それぞれであるため、全ての人に対してお得なカードというものを考えるのは難しいことですが、選び方のポイントをしっかり抑えておけば、クレジットカード選びで大きく失敗することはないはずです。では、自分にとってお得なクレジットカードを選ぶためのポイントとは、どのようなものなのでしょうか。

 

まずはじめに注目しておきたいのが、クレジットカード会社が提供するサービスです。各カード会社が行なっているサービスは多様化しており、独自の路線を打ち出しているクレジットカードなどもあります。ショッピングの保険や海外旅行の保険が重要なのか、サービスデスクの使いやすさが重要なのか、あるいはステータスが重要なのか・・といった点を、自分自身のライフスタイルやクレジットカードの使い方に合わせてよく考えてみることが大切です。
メインで利用するクレジットカードの枚数は、安全面などを考えると少なめにしておきたいところですが、1枚きりで全ての希望を叶えるのは難しいこともあるでしょう。そのような場合は、利用するシーンごとにベストの1枚を厳選し、メインのカードの他に少数のサブのクレジットカードを用意するというような方法があります。

 

また、クレジットカードを利用することは、自分の信用を積み上げていくことにもつながるものです。一時的な入会特典や年会費の安さなどで選ぶよりも、長く付き合い続けることができるクレジットカード会社を選択するのも重要です。同じクレジットカードを長く使用し続けていれば、カード会社の顧客としての信用は年々増していきます。カード会社にとっての「優良顧客」となることができれば、何かとお得な場面も増えることが期待できます。使い続けていくうちに、一般カードからゴールドカード、そしてさらに上のランクへとステップアップしていくことができるクレジットカードを選ぶのも良いでしょう。
ただし、どれほどステータスのあるカードでも、使える場面が少なければ「お得」とはいえないものです。自分の普段の生活の中で本当に使えるカードであるかどうか、申し込みをする前によく確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

クレジットカードが保証するもの

 

 

クレジットカードは、ショッピングの際の利用できる便利な決済手段のツールというだけではありません。クレジットカードは、それを持っている人の身元を証明するものでもあるのです。

 

クレジットカードが正しく利用されるためには、カードを所持している人が、そのカードの正規の所持人であるかどうかという「本人確認」が重要になります。信頼あるクレジットカードを保有するということは、カードの発行会社から自分の身分証明をしてもらったのと同じことであるというわけなのです。クレジットカードを利用する際の本人認証には、暗証番号などを用いる場合もありますが、自筆のサインによる確認を行なうのが一般的です。あらかじめカード本体に書かれたサインと、ショッピングの場で伝票にするサインが一致していなければ、カードを利用することはできません。クレジットカードが発行されたときの注意書きには必ず、まずカードの裏側にサインをするようにと書かれているはずですが、これは、本人認証を行なうためにサインがとても重要なものであるからです。仮に、サインをしていないクレジットカードを紛失してしまったとすると、第三者に不正に利用されてしまう恐れが高くなってしまいます。
クレジットカードの一番大きな特徴・利点は、わずらわしい現金のやり取りなしでショッピングをすることができるというところにあります。クレジットカードを所持しているということは、その人の身分証明がきちんとされているということでもあるため、初めて訪れた店であっても、海外の店であっても、問題なく利用することができます。高額の買い物をする際に多額の現金を持ち歩きたくない時や、海外旅行中にショッピングを楽しむ場合などには、一枚のクレジットカードが大いに活躍してくれることでしょう。

 

消費者信用という分野においては、クレジットは信用取引を意味する言葉であり、小売店はクレジットカードを信頼して、その場での現金のやり取りなしで買い物をさせてくれることになります。日本では、身分証明書と言うとまず運転免許証や健康保険証などを思い浮かべる人が多いと思いますが、信頼できるクレジットカード会社が発行しているクレジットカードも、その人の身元を確かに証明してくれるものです。近頃では写真入りのクレジットカードなどを発行しているカード会社もあり、IDカードとしてクレジットカードを使うという考え方も広まりつつあるようです。